文書類の雑務が多すぎたりして中々患者に寄り添えない

医療は患者のためにあるべきなのに、あらゆる存在が邪魔をする

医療訴訟は患者にとっても医師にとっても不幸ですが、この訴訟社会への流れをどうするかの議論はまったくなされていません。訴訟社会は、天にツバするのと同様に、自分達にはね返ってくることなのです。さらに大きな問題があります。医師は診察記録をカルテに記載します。看護婦も看護記録を書く義務があります。これまで医師が書くカルテの内容はメモ程度のものでしたが、最近ではこのカルテが非常に詳しく書かれるようになりました。

このことは非常に喜ばしいことと一見考えられますが、ここに問題があります。医師がカルテを詳しく記載するのは、患者への医療を誰が見てもわかるようにするためですが、それは表向きの理由であって、カルテを書く本音は裁判対策なのです。何らかの事故が起きた場合にそなえ、証拠書類としての対策なのです。そして、このカルテの記載が医療の膨大な時間の無駄をつくることになるのです。

医師や看護婦は患者中心の医療と言いますが、患者のためと称する文書類の雑務が多すぎて、患者のそばに行けないのです。患者に説明したことをカルテに記載するためには、口頭で説明する労力の数倍以上の時間的労力を費やすことになります。患者にとって一番よい医療は、医師や看護婦がそばにいることですが、患者に接する10倍以上の時間をかけてカルテや文書を書いているのです。このような本末転倒の医療を導いたのが訴訟社会なのです。訴訟社会と濃厚診療、濃厚診療と医療費高騰、この悪循環を止めなければいけません。医学部教育の問題点。臨床検査の進歩や治療法の開発などにより、医学はこの50年で飛躍的な進歩をとげました。
自分が眼瞼下垂と判明したのは、美容整形について調べていたときに眼瞼下垂症状や手術のホームページをたまたま見たからです。わかりやすく説明されていたため、自分も当てはまることがすぐにわかりました
自分が国の責任でB型肝炎に感染しているとわかったら、まず最初にすることは知識を持つことです。また訴訟に関しての相談は無料で受け付けていますのでご利用ください。
エステに行くよりも、優れた効果の美容外科 大阪心斎橋のクリニックで脱毛してもらったほうがいいですね。痛みもないし、効果も断然こっちのほうが上です。
職場を移るということは大変なことだと思いますが、前もって看護師の転職イロハで知識を知っていればかなり負担も軽減されますし、よりよい条件の募集を見つけやすくなりますよ。


新着記事
2014/08/13 おすすめ記事を更新しました。
2014/08/09 新着記事を更新しました。
2014/08/08 コスト意識の欠如を更新しました。
2014/08/05 過剰な検査ばかりを更新しました。
2014/08/03 ネズミの薬学ばかりを更新しました。
2014/08/01 恩恵を受けるべきを更新しました。
2014/07/31 医療は患者のためにあるべきなのに、あらゆる存在が邪魔をするを更新しました。
2014/07/28 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
足立区の看護師求人/転職/募集とらばーゆ看護看護師求人のナイチンゲール
足立区の看護師求人/転職/募集は地域を指定しての求人だから応募を考えている人には利用しやすいです。女性ための看護師求人サイト。登録不要で看護師・助産師・保健師などの求人を紹介しています。資格・勤務地などご希望の条件から看護師求人を探せるサイトです。